“ New York Film Festival ” タグの登録されている記事: 9
Zhang Yi and Zhao Tao in a scene from MOUNTAINS MAY DEPART

脱構築の達人

02/12/2016

1997年の長編デビュー以来、映画監督ジャ・ジャンクーは『青の稲妻』『長江哀歌』『罪の手ざわり』といった現代の中国社会を映した素晴らしい作品を世に送り出してきた。去年のカンヌ国 …

彼女が映し出すもの

01/15/2016

女優としてキャリア30年目を迎えようとしている今、クロティルド・クローが、ヌーヴェルヴァーグ時代から活躍する映画作家フィリップ・ガレルの、繊細で美しい最新作『パリ、恋人たちの影 …

人生の方舟

12/03/2015

映画製作の中で映画そのものを発見しようとするポルトガル人映画作家ミゲル・ゴメスは、六時間半にもおよぶ長編『アラビアン・ナイト』でその真髄を見せる。「休息のない人々」「孤独な人々 …

ホウ・シャオシェンの哲学から見えるもの

10/20/2015

台湾の巨匠ホウ・シャオシェンによる7年ぶりの長編作品『黒衣の刺客』は、唐代の中国が舞台。今年のカンヌ映画祭で監督賞を受賞した彼の新作が、第53回ニューヨーク映画祭でUSプレミア …

焦熱の沈黙

07/16/2015

第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画部門にノミネートされたジョシュア・オッペンハイマーの『アクト・オブ・キリング』は、1965年に起こったインドネシアの大虐殺の加害者を …

『壁』を越える

02/21/2014

アメリカとメキシコの国境、インドとバングラデシュの国境、またブラジルの富裕層と貧困層の居住区を仕切る壁など、我々が生きる世界にはいくつもの壁がある。そんな壁の中でも …

浮遊する家族

01/16/2014

今日、家族は社会にまるでバラバラの点であるかのように存在している。それは80年代よりコミュニティが解体し、個人主義が加速した足あと。ハリウッドリメイクも決定した、是枝裕和監督の …

マカオの奇異と恐怖に沈み行く

02/05/2013

再訪することで発見が生まれた経験はあるだろうか。馴染み深かった場所に戻るという意識であっても、時間の経過のせいで今まで行ったことのない場所に来た感覚になる。ポルトガル人映画監督 …

宍戸錠、ニューヨークで語る俳優人生

10/09/2011

日本映画黄金時代を支えた日活株式会社。2012年の創設100周年を記念して、過去の作品から特集を組み、北米、欧州、アジアを含む世界巡回上映を行うことが、今年のカンヌ映画祭で発表 …