“ Film Society of Lincoln Center ” タグの登録されている記事: 10

彼女の新境地

07/30/2017

今年の大統領就任式の翌日、女性蔑視の大統領に反対するウィメンズマーチがアメリカの各都市で行われた。このマーチで、移民やLGBTQ、子供から高齢者まで、さまざまな人々が手を取り合 …

Akihiko Shiota & Yuki Mamiya

水を飲むように…

07/17/2017

江戸時代に流行した春画で見られるように、西洋的価値観が国に到来するまで、おそらくセックスは日本文化の中で大らかに表現され、生きていた。その日本で生まれ、1971年から1988年 …

壁の向こうの世界

07/12/2016

彼はこれから一体何を見せてくれるのか?韓流四天王と呼ばれていた頃が遠い昔のことのように感じられるほど、特に『甘い人生』以降の俳優イ・ビョンホンの活躍は目を見張るものがあ …

最強の敵に出会った俳優

07/07/2016

名優ロバート・デ・ニーロが、『タクシードライバー』の後に『レイジング・ブル』でアカデミー主演男優賞を受賞したように、最高の演技にはそれを超えるものでしか勝つことができない。 …

Haru Kuroki as Nanami

アウトサイダーの可能性

07/01/2016

6月22日から7月9日まで開催されている第15回ニューヨーク・アジア映画祭で24日、インターナショナルに活躍する日本人映画監督・岩井俊二氏が、今秋に全米公開も決定してい …

(左から )三原麻衣子、菊池葉月、川村りら、田中幸恵

重心を探して

05/01/2016

どこにいても、どんな時代であっても生きにくさはある。だから「どうしたら幸福になれるのか」という問いからは、生きている限りきっと逃れられない。これまでペドロ・アルモド …

文化は生きているからこそ

04/07/2016

人の思考が、意識的にあるいは無意識的に変わり続けるように、環境の変化もまた自然の摂理。だからたとえ思い描いた通りに世界が変わらなくとも、感動の芽はかならずどこかで息をしている。 …

Zhang Yi and Zhao Tao in a scene from MOUNTAINS MAY DEPART

脱構築の達人

02/12/2016

1997年の長編デビュー以来、映画監督ジャ・ジャンクーは『青の稲妻』『長江哀歌』『罪の手ざわり』といった現代の中国社会を映した素晴らしい作品を世に送り出してきた。去年のカンヌ国 …

人生の方舟

12/03/2015

映画製作の中で映画そのものを発見しようとするポルトガル人映画作家ミゲル・ゴメスは、六時間半にもおよぶ長編『アラビアン・ナイト』でその真髄を見せる。「休息のない人々」「孤独な人々 …

さわやかに破滅する女

07/02/2015

悪いことをしている女は独特の艶(つや)やかさがある。日本でも話題になった吉田大八監督作品『紙の月』が、第14回ニューヨーク・アジア映画祭で北米プレミアを迎えた。映画の主人公・梨 …