News

 
 
Place: New York

『シチズンフォー』がアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞

アートカテゴリ:  Film

ローラ・ポイトラス監督作『シチズンフォー』は、2014年全米でもっとも話題を呼び、絶賛されたドキュメンタリー映画だ。アメリカ国家安全保障局(NSA)を内部告発し、世界に衝撃を与えたエドワード・スノーデンとの密会を撮らえた本作は、第87回アカデミー賞と第30回インディペンデント・スピリット賞を受賞をした。

 

ポイトラスとジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは香港でエドワード・スノーデン出会い、スノーデンにインタビューを行った。そしてスノーデンはアメリカ国家安全保障局による不正な個人情報取集を明らかにするのだった。スノーデンによる暴露は驚愕の事実の連続で、まるでサスペンス映画を思わせるようなスリリングな展開だ。

 

2013年1月、ポイトラスが過去に制作した映画のため、彼女が政府の監視下にあったことを知っていたスノーデンは、シチズンフォーと名乗り、ポイトラスにEメールでコンタクトを取ってきたことがことの発端だった。彼らは幾度かやりとりを交わし、香港で会う約束をするのだが、スノーデンが 自身の身元を明らかにしたがらなかったため、ポイトラス は彼との対談を映画として収めることにした。

 

『シチズンフォー』の醍醐味は、ただアメリカ国家安全保障局の恐ろしさを知らしめるだけでなく、ポイトラス、グリーンウッド、そしてスノーデンの対談時と同じ緊迫した状況に我々を陥れることだ。この映画を見たらもう今まで通りインターネットや携帯電話を使うのが不可能になってしまうかもしれない。圧巻のアカデミー賞ドキュメンタリー賞受賞作だ。

 

テキスト by Ikuro Kambe